LINE@でビジネスは20倍変わる! 徹底・活用・即実践術

18555930_1677999112229462_8350838518513078456_n

LINE@でビジネスは20倍変わる! 徹底・活用・即実践術

「LINEは使っているけれど、まだLINE@は使ったことがない」
「LINE@をどのように使ってみたらいいのかわからない」
「そもそもLINE@の機能をよく知らない」
そのような方はたくさんいらっしゃると思います。

今回は、いま注目を集めているLINE@を活用してビジネスを20倍変える方法をお伝えします。
簡単に集客できる・販売ができる・さらに裏技的にステップメールのように使う方法など、LINE@を徹底的に活用するメソッドを多数解説しています。

1.メール(メルマガ)はもうダメだ!?

LINE@と似た仕組みとして、これまでのビジネス集客に使われていた主要な情報配信ツールとして、メルマガがあります。

ところが近年、メルマガの到達率が下がってきており、年々活用がしづらくなってきているという現状があります。
メルマガの開封率は平均7%前後、とくにビジネスプロモーション系メルマガに至っては、その開封率2〜3%とも言われています。

「集客が難しい」「リピータが少ない」「メルマガの反応が弱い」
そんなふうにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

じつはLINE@こそ、メルマガを遥かに凌駕する開封率・成約率を生み出すことが可能なツールなのです!

 

 

2.LINEとは違う!?  LINE@を理解しよう!!

まずはLINE@について知ることから始めていきましょう。
具体的な機能、使用料金のパターンなど、ポイントを押さえてながら、LINE@のイメージをつかんでいただけると思います。

2-1.LINE@はLINEユーザーが対象!

LINEは日本全国で7000万人近いユーザーが利用しているコミュニケーションツールです。そのアクティブ率(毎日利用しているユーザー率)は70.8%!

さらにその年齢層は、以前は若い10代・20代が利用するイメージでしたが、今では40代・50代も増えており、全年齢層に広がっています。
ユーザーの職業としては、会社員がもっとも多く、ついで主婦や学生が多くなっており、幅広いターゲット層となっていることがわかります。

2-2.LINE@の具体的な機能を把握する

・「ボタン1つで、一度に届く」…LINE上のすべての友だちにメッセージを一斉に送ることができます。さらにメッセージが届いたことを相手に通知(プッシュ通知)することができます。
・一人一人を大切にできる「1:1トーク」…メルマガでは実現が難しい一人のユーザーと1対1の密なメッセージのやりとりができるのがLINE@の強みです。
・気軽なお知らせは「タイムライン」…Facebookのようにタイムラインに投稿することで、プッシュ通知以外の気軽なお知らせが可能となります。

2-3.利用状況に応じた、無料プラン・有料プランがあります

LINE@は利用状況に応じて「フリー」「ベーシック」「プロ」の3つのプランがあります。

無料プランである「フリー」は月1000通までのメッセージ配信が可能、それ以上のメッセージ配信には有料プランの「ベーシック」「プロ」を利用します。

「ベーシック」は有効友だち数5000人以内であれば無制限のメッセージ配信が可能、「プロ」は有効友だち数100000人以内までのメッセージ配信が可能であり、さらに多くの分析機能を利用することができます。

はじめは無料プランの「フリー」から始めると思われますが、すぐに月1000通のメッセージ配信に到達してしまいますので、すぐに有料プランの「ベーシック」に移行することになるでしょう。

3.LINE@はLINEユーザーに情報配信ができる画期的ツール

LINE@は、全国に7000万人もの利用者がいるLINE上で情報発信ができるツールです。
このような大規模のユーザーに情報発信できるツールはまさに画期的であり、これを活用することでビジネスチャンスを爆発的に増やすことが可能となるのです。

さらに動画本編では、実際のLINE@登録のワークショップ、そして、特別講師によるLINE@実践編を通じて、具体的に分かりやすくLINE@の仕組み・メリットを理解することができます。ぜひ本編動画を視聴することをオススメします。

 

4.LINE@実践編から学ぶLINE@ビジネス活用術

それではLINE@実践編からLINE@のビジネス活用術をいくつか紹介していきましょう。ここで紹介できるのは活用術のごく一部に過ぎません。動画本編ではその他多くの活用術を紹介しています。

4-1.「プッシュ通知」による驚異的なメッセージ開封率!

「プッシュ通知」とは、メッセージが届いたことを表示する機能です。

メルマガの場合、読者がメールソフトを立ち上げる→受信メールを確認する、という手順が主であり、ユーザー側から「メールを確認する」というアクションがあって、初めてメールが開封されていました。

LINE@の場合、通常のLINEと同様に、メッセージが届いたことがスマホの画面に表示されるため、ユーザーはその瞬間にメッセージを確認(開封)するようになります。

この「プッシュ通知」によって、LINE@はメルマガに比べて、驚異的な開封率を実現しているのです。先ほどお伝えしました通り、メルマガの開封率は平均7%と言われています。それに対してLINE@の開封率は、なんと●●%です!(ぜひ動画本編でご確認ください!)

 

4-2.LINE@をローンチに活用しよう!

実際にLINE@をビジネスに活用する方法は? それを解説しているのが、LINE@実践編です。
LINE@をローンチに活用して単月売上1200万円を達成した実践術を、「ピアノ経営塾」代表取締役:保科陽子さんに講師として解説していただいています。

LINE@はメルマガと異なり、双方向性が非常に高いコミュニケーションツールです。その機能を使うことで、ユーザーと非常に親密な関係を築くことができます。
親密な関係を築くことで、そこから集客・販売へと無理なく自然な流れでつなげていくことが可能となるのです。

 

3-3.メルマガのスタイルはLINE@では通用しない!?

これまでのメルマガによる情報発信でビジネスを進めてきた方には、とくに注意が必要なのが、「メルマガのスタイルはLINE@では通用しない」ということです。

簡単にメッセージを送ることができる。簡単に画像を入れることができる。
そのようなLINE@(LINE)のスタイルに適した形の情報発信をしないと、せっかくのLINE@での情報発信も、ユーザーに見てもらえなくなってしまいます。

メルマガのように文字数を多くはしない、画像を入れてメッセージのデザインを重視する、など、ユーザーが見たくなるメッセージのコツをお伝えします。

 

3-4.LINE@の「リサーチ機能」でアンケートを取得できる!

LINE@で便利な機能のひとつが「リサーチ機能」です。この機能を使うことで、ユーザーに対してアンケートを実施することが可能です。

アンケートの実施によって、マーケットのユーザー層をリサーチすることができる、 盛り上がりを演出することができる、ユーザーを絞り込むことができる、ユーザーのリストを取得することができる、などなど、ビジネスにおけるメリットは非常に大きいです。

このアンケートを簡単に行うことができるのが、LINE@の強みのひとつなのです。

LINE@実践編では、実際のアンケート実施の方法、集客・ローンチへとつなげていく手順、さらに販売・成約を実現する方法を解説しています。

 

5.まとめ

これまでのプッシュ型の情報発信といえばメルマガが主流でしたが、近年メルマガは到達率・開封率ともに下がっており、また、コミュニケーションツールとしても、現在ではメールよりもLINEを使うユーザーが増えています。

LINE@はまさにそのLINEに情報発信をすることができる画期的なツールであり、LINE@を徹底活用することによってビジネスの売上・成約を飛躍的に高めることが可能となります。

動画本編では、さらに下記のトピックについて詳しく解説していますので、さらにLINE@について深く学んでください。

・LINEとLINE@の違い
・具体的な事例を知りたい
・集客やリピートを増やす方法を知りたい
・成約・売上を上げる方法を知りたい
・無料でステップメールのようにLINE@を使う方法やツールの比較を知りたい
・さらにLINE@を超える『あるツール』についても知りたい?
続きの動画は、下記↓↓にあります↓

 

 

7present

 

下記無料メール講座では、この他にもビジネスを有利に進める方法をご紹介しています。ご興味のある方はこちらをクリックしてください↓1万5千人が購読中!。

mailbnr

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

市村よしなり著書




Youtubeチャンネル

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る