ツイッター創業者のビズ・ストーンさん、

BizStone-1024x440-618x338

ツイッター創業者のビズ・ストーンさん、
ウィキペディアを創った、
ジミー・ウェールズさんにお会いしてきました!

なんと30名のシークレットな会。
セミナーズ清水社長、
お招きいただき、本当にありがとうございます!

まず、
ジミー・ウェールズさんが語ってくれた、
起業家への言葉が印象的でした。

起業家は、
第一に執着すること。

第2に執着せず、方向転換や、違う道を探すこと。

これは非常に深ぁーい話だと思います。
必ずやりとげる!
いろんな困難があっても!
というチャレンジ精神と執着心。

でも、時代を読み、状況を読み、
インスピレーションで、
潔く方向転換出来る勇気。
そんな2つの相反するものを持つことが、
重要なのだと思いました。
そういった在り方を、
英語でpivot(ピボット)というそうです。

そして、
ツイッター創業者のビズ・ストーンさんは、
140文字への限定の理由を語ってくれました。

『人は限定されないと、
選択がありすぎて、
自由すぎて、
なにもできなくなる。』
そう語ってくれました。
確かに、
限定されるから、
その中での限界に、
チャレンジしたくなりますよね。

それは、
俳句に似ているなぁと思いました。

限定されることで、
創造的に産み出すことが出来き、
芸術にまで高められた俳句。

ビズは日本人的感性を、
持っているのかもしれません。

もう一つ。
ジミーが最後に語ってくれた、
フィルターバブルの話が印象的でした。

フィルターバブルとは、
現在ITの進化で、
自分の趣味趣向にあった、
情報だけが届いてしまうことです。
FacebookやGoogle等でも、
そうなっていますよね。

そんな今だからこそ、
自分とはまったく反対の意見を持つ、
でも、素晴らしい洞察を持つ人も、
フォローすることをオススメする。

そんなお話でした。
どんどんフィルターバブル化するなかで、
消え去ってしまった自分と異なる意見を取り入れる事。

それは、
起業家に必要な、
まったく新しいものを、
産み出す力になるのだと思います。

Apple創業者、スティーブ・ウォズニアック
に会えた次の日、
ツイッター創業者のビズ・ストーンさん、
そして
ウィキペディアを創った、ジミー・ウェールズさん、
というIT業界の神々に会えるなんで!!!

もう、感動と興奮とワクワクが止まらなくなっております(^^)!!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1891459014216803&set=a.183627648333290.48420.100000581686959&type=3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る